十勝・六花亭

六花亭

函館市で1860年に創業した千秋庵総本家から独立した小樽千秋庵(廃業)の子、札幌千秋庵、そこからさらに独立したのが「帯広千秋庵」でした。これが現在帯広市で人気を誇る六花亭製菓のルーツになります。六花亭は1933年に札幌千秋庵社長の弟が帯広の地で帯広千秋庵として独立したのが始まりです。しかし、十勝では豆・ビートといった豊富な原材料に恵まれたことから、伊豆屋高野三郎(イズヤパン)、露月など同業他社が多かったため経営は苦戦。1939年ごろには砂糖大量購入が成功し地域一番店になりました。第二次世界大戦時の一時休業を経て、カボチャ饅頭の製造を開始。1952年、珍しい形状をした最中である「ひとつ鍋」を開発、これが初めての同社オリジナルヒット商品になりました。これ以降地域を生かしたお菓子作りがスタートしていきます。1950年代は和菓子中心でしたが、次第に酪農を生かした洋菓子も開発していき、マドレーヌの「大平原」を1963年に誕生させました。また1968年にはチョコレートの製造を開始しホワイトチョコが人気を集めました。このころ、坂本龍馬一族の坂本直行が包装紙のデザインを手掛け、六花亭=花柄のイメージが出来上がりました。その後札幌圏への進出を図りますが、千秋庵としての活動は狭められ、1977年に千秋庵ののれんを返上、六花亭に改名しました。名前の意味は六角形の花=雪の結晶です。

ほっかどー!

主な製品

看板商品はなんといっても「マルセイバターサンド」で、グループ会社全体の40%以上を稼ぐ人気商品です。いちごをチョコでコーティングした「ストロベリーチョコ」や「霜だたみ」も上位の人気を誇っています。そのほか、マルセイバターサンド誕生まで人気だった「リッチランド」、「雪やこんこ」、本店限定販売の「さくさくパイ」など新商品も誕生しています。

マルセイバターサンド
本店限定のさくさくパイ 郭公の里:千秋庵の山親爺をベースにしたバター煎餅。十勝に多い柏の葉をモチーフにした。
  • ごろすけホーホー・フーフー
  • サクサクカプチーノ霜だたみ
  • さくさくパイ:帯広と釧路にて販売。カスタード味に加えてバター味が追加されました。
  • さくさくタルト
  • 六花亭醍醐
  • 霜だたみ
  • チョコマロン
  • ストロベリーチョコ:オーストラリアで社員が着想を得て開発しました。フリーズドライのイチゴがチョコレートの中に入っています。
  • 大平原
  • ひとつ鍋:名称は『十勝開拓史』にある依田勉三の句に由来しています。片方が鍋、もう片方が平らな鍋蓋を模した珍しい形状の最中。
  • マルセイバターサンド
  • 万作:春に咲く福寿草が、「まず咲く」が訛って「まんさく」と呼ばれたことから命名。バターやミルク、卵を加えた桃山。
  • 百歳(ももとせ)
  • 雪やこんこ
  • らんらん納豆:十勝小唄の囃し言葉から命名。
  • リッチランド
  • トカップロール
  • その他、洋菓子・和菓子ともに幅広く菓子一般を扱っています。

売上

2010年3月の時点では、グループ売上高は188億円であり、東京都に支店を持たない製造業としては日本一です。うち80億円をマルセイバターサンドが占め、ストロベリーチョコと霜だたみがそれぞれ20億円、15億円で続いています。また、板チョコが15億円でこれに次ぎます。

出店

出店は北海道内に限定していて、直営店を基本としていますが、新千歳空港では例外的に多数の売店で販売を行ない、知名度の向上に寄与しています。一方で本店で扱われる商品は200点以上にも上りますが、そのほとんどは単価が200円未満であり、地元の顧客の日常的な購入を重視しています。1998年からはセルフサービス方式で販売員数を抑えた「花六花」の展開を始め、家庭向けの販売を強化しました。帯広市内に1979年に製餡工場、1988年に和生および洋生工場を、1998年には中札内村にマルセイバターサンドの一貫製造ラインを備えた「六花亭中札内ファクトリーパーク」を建設するなど生産設備の増強を進める一方で、21世紀に入っても売上の過半を占める札幌へは片道5時間のトラック輸送を続けています。これは、製菓は根気の必要な作業であるため十勝を離れるべきでない、という同社のポリシーに基づいています。

  • 1978年には西帯広駅に程近い帯広工業団地に9,670坪の敷地を購入して1,500坪の工場を建設、初の札幌市内の店舗として同年の開店とともに札幌そごうに出店しました。
  • 1979年に札幌ヨークマツザカヤ、1980年には札幌東急にも進出して徐々にブランドイメージを高め、2006年の時点では札幌市内の全ての百貨店に出店しています。
  • 1981年には札幌に続いてイトーヨーカドー釧路店に出店しました。

『マルセイバターサンド』

改名記念で発売したのが「マルセイバターサンド」。これが大ヒット商品になり、道内全域に商圏を拡大していきました。十勝が基盤とはいえ、現在では札幌での売り上げが相当数を占めています。この成功を受けて帯広市内に製餡工場などを開設、1998年には中札内村にマルセイバターサンド製造の六花亭中札内ファクトリーパークを建設しました。マルセイバターサンドは、北海道帯広市の六花亭製菓が販売している菓子。同社の販売額のおよそ4割を占める代表的な菓子であり、北海道土産としての知名度が高い十勝銘菓です。

十勝を丸呑みっ!

『マルセイバターサンド』概要

六花亭専用の北米産小麦粉でつくったビスケットで、ホワイトチョコレートと北海道産生乳100%のバターおよびカリフォルニア州産のレーズンをあわせたクリームをサンドしています。長らく道内のみのローカルな人気に留まっていたが1990年代終盤頃より2000年代初頭にかけ全国的にその名が知られるようになりました。単品の土産商品としては赤福や白い恋人と並ぶ大型商品であります。マルセイとは◯の中に成の字を入れたもので、依田勉三の興した晩成社(依田牧場)が1905年(明治38年)に北海道で初めて商品化したバターのことです(当時の表記はマルセイバタ)。マルセイバターサンドの包装は発売当時のマルセイバターのラベルを復刻・再デザインしているため、レトロな外観を持っています。

『マルセイバターサンド』開発の経緯

『マルセイバターサンド』は、1977年に六花亭製菓の社名変更を記念して発売されました。当時、代官山の小川軒のレーズンウィッチが高い評価を得ていたことから、これを参考に開発されました。レーズンウィッチはショートニングをクリームに用いていたのに対し、マルセイバターサンドは六花亭の主力製品だったホワイトチョコレートとフレッシュバターで作ったレーズンバターをビスケットで挟んでいて、時間が経ってもサクサクした食感が保たれます。この食感を実現するため、開発に当たっては材料の選定に時間が費やされました。

夏休みは北海道へ行こう!
「アパート」「マンション」「一戸建て」はるひ野 賃貸がご希望をうかがいます。「高層集合住宅」の意味では賃貸・分譲を問わず「アパートメント」が一般的?!